礼拝メッセージ要旨

2月6日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「私の救いの神よ」                 詩篇51篇1〜13節
詩篇51篇はダビデの詩篇の中で、23篇と共に私たちによく知られている詩篇です。この詩篇はダビデの深い悔い改めの詩篇でありまして、ダビデの生涯の中で大きな罪を犯した後、その罪について神さまから教えられた後書いた詩です。
その罪とは、この詩篇の表題に「ダビデがバテ・シェバと通じた後、預言者ナタンが彼のもとに来たときに」と書いてありますように、ダビデのバテ・シェバとの出来事です。Ⅱサムエル記11章、12章を見ますと、ダビデはウリヤの妻、バテ・シェバと姦淫の罪を犯します。そしてそれを隠すために夫のウリヤを激しい戦場に送り死なせます。即ち、姦淫と殺人の罪を犯してしまったのです。ダビデは自分が思う通りに、誰も知らないようにこの罪を隠蔽したと思ったでしょう。しかし、神さまはすべてを知っておられまして、ダビデのところに預言者ナタンを送り、ダビデの罪を指摘しました。その指摘を受けたダビデは、1節、2節を見ますと全く指定もせず自分の罪を認めて神さまの恵みと哀れみを求めます。王として大きな力を持っていたダビデでありますが、しかしダビデは神さまを覚えましてナタンからの神さまの教えを大切に受け入れました。そして4節を見ますと「私はあなたにただあなたの前に罪ある者です。」と神さまの前で罪を犯したことを告白します。
罪についての人間の基本的は性質、それは自分ではなく他人のせいにすることだと思います。アダムとエバもそうでありましたし、そのような姿は誰も持っていることです。しかし、この時のダビデは違いました。自分が持っている強い権力を用いて罪の指摘を否定もせず、素直に自分が罪を犯したことを認め、罪人であることを告白し、ただ神さまの恵みと憐れみを祈り求めました。そして5節を見ますと、神さまに喜ばれる者となるために、ただ神さまにすがりました。そして7節〜9節では、ただ神さまだけが罪を赦して下さることができると告白しています。
私たちはこのようなダビデの詩篇を通して、大きな罪を犯してしまったダビデを捨てないで悔い改めに導いて下さる神さまを覚えることが出来ます。そしてそのような神さまの恵みの中で、自分の罪を知り、素直に告白し赦しを求めるダビデの姿を見ることが出来ます。そして神さまは、そのようなダビデを赦して下さいました。私たちの隅のような罪をも雪のように白くし赦して下さる神さまを覚えまして、その神さまにすがり歩んで行く者になりたいと思います。

1月23日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「いつも共にいてくださるイエスさま」  マタイの福音書28章11〜20節
イエスさまの行跡に従って福音書を学んできましたが、本日の本文でその最後となります。そしてその最後にイエスさまが弟子たちに残して下さった言葉は「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」という素晴らしい約束です。そしてその約束と共にイエスさまは弟子たちに宣教を命じられます。
本文の18〜20節は、あの有名な大宣教命令です。そしてそれを語られる一番最初に弟子たちを励まされます。18節の最初に「わたしには天においても地においても、すべての権威が与えられています。」と語られます。即ち、全ての宇宙を支配しておられる神さまの権威の下で、この命令があなた達に与えられているということです。これから弟子たちはこの世に福音を伝えて行きます。その中でこの世の権威を持っている人々は、弟子たちを迫害し福音を伝えることができないようにすることになります。そのようなこの権威や力に対して弟子たちが恐れないように励まして下さることです。全宇宙を支配する権威を持っている神である私が、あなた方に命じることが、だからどんなことに対しても恐れることなく、これからのことを行ない福音を伝えなさい、と語られることです。
それではその内容は何でしょうか。それは「行って」、「弟子としなさい」ということです。そして「弟子としなさい」ということの具体的なことは「バプテスマを授けること」そしてイエスさまの教えを「守るようい教えること」です。そしてその対処は「あらゆる国の人々」ということですが、全ての聖徒が世界宣教に出て行くことは出来ないと思います。ですので私たちが福音を伝えるために送られたところは、私たちが置かれている場所と言えると思います。家族や知合いなど、その人にしか届けられない人々に対して、私たちは出て行き福音を伝えなければなりません。
そしてイエスさまはそのような私たちと「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」と約束して下さいました。信仰の弱い私たちは、時にはこの世の噂によって信仰が揺るがされ、疑いを持ち、恐れることがあります。そのような私たちにイエスさまは近づいてくださり、いつも共にいて下さるお方なのです。
私と共にいて下さる神さま、このインマヌエルの神さまを覚えまして、そのお方の恵みと愛に感謝を捧げたいと思います。そして私たちが頂いたその恵みと愛を、そして福音を愛する人々に、大切な人々に伝える者になりたいと思います。

9月5日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「主の山に備えあり」                創世記22章11〜14節
アブラハムは、神さまから愛する息子イサクを全焼のささげ物として捧げなさい、という大変な試練にあわせられました。その厳しい試練に対してアブラハムは神さまからの言葉をそのまま受け入れ従いました。神さまが告げられた山に登り、祭壇を築くアブラハムは、その準備が終わると息子イサクを縛り、祭壇の上に載せました。そして手を伸ばして刃物をとり、息子イサクを屠ろうとしました。
その時、天から主の使いの声があり「アブラハム、アブラハム」と呼び、それに答えるアブラハムに「その子に手を下してはならない。その子に何もしてはならない。」と言い、アブラハムを止めさせることでした。このように急いでアブラハムの手を止めさせる神様から、この試練の神さまのみこころは明かされます。神さまは最初からイサクを全焼のささげ物として受け取ろうとしたことではありません。この試練を通して、アブラハムが本当に神さまを恐れているかどうかを試みられたのです。
最初、アブラハムは神さまの御声に従い、故郷を離れて神さまが示すところへ行きました。その後、神さまの約束について疑問を持つアブラハムでしたが、神様の導きによってアブラハムの信仰は成長して行きました。そしてその信仰は、自分の一人子、愛する息子イサクをも、神さまに従って神さまに捧げることできるまで成長したのです。その信仰を確認しアブラハムに教えてくださるために、神さまはこのような大変な試練にあわせられたのです。
大変な試練の中でも神さまへの信頼を持って最後まで従った上に、神さまからの備えは見えてくることでした。13節に「アブラハムが目を上げて見ると、見よ、一匹の雄羊が 角を藪に引っかけていた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の息子の代わりに、全焼のささげ物として献げた。」とありまして、アブラハムはその場所を「アドナイ・イルエ」と呼びました。神さまは私たちのすべてをみておられ、試練の中で乗り越える道を備えてくださり、私たちをその道へ導いてくださいます。このように、試練にあわせられる神さまですが、しかし同時にその試練を乗り越えることができる道さえも備えてくださる神さまです。
試練や苦難の中にいる時、私たちは備えてくださる神さまを覚えたいと思います。その神さまを信じて最後まで従った時、私たちの信仰も成長できると思います。目の前にどんな試練や苦しみがあるとしても、道を備えてくださる神さまを覚えまして神さまに頼って生きて行く者になりたいと思います。

8月29日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「神様の選びの恵み」                創世記25章19〜34節
創世記のヤコブの物語を読んで見ますと、ヤコブは時には狡猾で時にはずる賢く思われることがあります。その姿は聖書に出てくる多くの人物の中で、他にはないくらいこととも思われますが、そのようなヤコブを選んでくださった神様の恵みについて考えてみたいと思います。
創世記24章をみますと、イサクとリベカの出会いは神様の不思議な導きによるものでした。アブラハムは信仰によってイサクに相応しい妻を探し求め、その答えとして出会うようになったのがリベカでありました。イサクは神様からの約束を受け継ぐ者であり、リベカは祈りの答えとして出会うようになった者である、そのような二人が結婚して家庭を作る、その家庭には神様からの豊かな祝福があるだろうと期待されることだと思います。
しかし、その道は順調ではなくて、リベカは「不妊の女」と書いてあります。イサクが結婚したのは40歳でしたが、彼らに双子が生まれたのは60歳のことでした。ですから20年間子どもは与えられなかったことであって、その間、イサクは神様に祈りを捧げました。そのようなイサクの祈りを聞いてくださる神様、その神様はご自分の御計画の中で、神様の時となった時、リベカが身ごもるようにしてくださり、双子が生まれるようにしてくださったのです。20年の間、一つの祈りの課題を覚えて祈り続けることは大変なことだと思います。しかしイサクは、父アブラハムから伝えて聞いた神様、自分がモリヤの山で経験した神様、そして妻リベカを出会うようにしてくださった神様を信じ、祈り続けたことだと思います。
時が満ちて双子が生まれますが、兄はエサウと弟はヤコブと名付けられます。二人は成長してエサウは狩人となり、ヤコブは穏やかな人となりました。そして29〜34節である出来事が起こりますが、そこに現れていることは、エサウは長子の権利を簡単に諦めること、そしてヤコブは異常に欲しがっていることです。結局、煮物一皿で、エサウは長子の権利を売ってしまい、ヤコブは自分のものにしてしまいました。本来、長子の権利というのは神様から与えられるもので神様からの恵みです。そのような神様の恵みをエサウは軽く思い、ヤコブはずる賢い方法で自分のものにしようとしたのです。
私たちは神様からの恵みをどのように思っていることでしょうか。私たちをご自分の民として選んでくださった恵み、神様からの愛、そして救いはただで頂いたものです。その恵みを覚えて感謝し、神様の教えにしたがって神の民に相応しく歩んで行く者になりたいと思います。

6月13日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「自分の目の梁に気づかない我」        マタイの福音書7章1〜6節
人は誰も自分に対しては寛大であり、他の人に対しては厳しい姿を持っています。このような姿を持っている私たちは、神様の民として他の人々にどのように接して行くべきでしょうか。山上の説教の中で、イエスさまは神様の民の姿について色々を教えてくださいました。最後の7章では、人と人との関係に置いて神さまの民はどのような態度を取るべきであるのか、について教えてくださいます。
1節に「さばいてはいけません。さばかれないためです。」とありますが、私たちは誰にさばかれるのでしょうか。それは神さまにです。そしてこのさばく、ということは神さまのご行為なのです。ところが、自分の思いで他の人をさばく、ということは自分を神さまの位置に置くことになります。まるで自分が神さまであるように、他の人をさばくことはしてはいけないということです。
もし、神さまの民が天の父の神さまのことを忘れてしまい、他の人をさばいてしまったら、どうなるでしょうか。2節では「あなたがたもさばかれ、あなたがたも量られる」と書いてあります。イエスさまを信じて救われた私たちは、最後の審判においてはさばかれません。しかし、聖書は最後の審判での裁きだけではなく他の裁きについても教えています。それは、神の子とされた者が神さまの教えに従わなかった時、または神の子として相応しくないことをやってしまった時の裁きです。ですから、神のことされた者は神さまの教えをよく覚えてそれに従って生きて行かなければなりません。そしてもう一つは、死後の神の子のためにある裁きです。これはクリスチャンになってからの行いに対することでありまして、その行いによって報われることになります。ですから、私たちは神さまの民として天の父の神さまを覚えて、その教えに従い守って歩んで行かなければなりません。
そして、そもそも私たちは、さばくことができる存在でしょうか。3〜5節を見ますと、私たちは自分の目には梁があるのに、他の人の目のちりを取ろうとするものです。梁のことでよく見えないのに、目のちりのように小さいものを取ることができますでしょうか。それは逆にその人を傷つけることになります。しかし、私たちは、自分の目に梁がありながら、他の人の目のちりを取ろうとするものです。自分の過ちには気づかず、他の人の過ちには直ぐ裁きたがる私たちの姿に気をつけなければなりません。天の父なる神さまを覚えて、そのお方の愛によって私たちの目の梁が取られ、神さまの教えに従って歩んで行くものになりたいと思います。

5月30日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「心配しなくも良い」          マタイの福音書 6章25〜34節
私たちは、皆其々心配を持っています。学生の時は聖蹟についての心配、大人になってからは生活や健康、病気などについての心配。そして親になってからは子供についての心配や自分お親のことで心配することもあります。このように、心配はいつも私たちの中にありましたし、今も、そしてこれからもあると思います。私たちは心配のない人生を夢みますが、それのためにまた心配してしまいます。そういう私たちに、イエスさまは本文のみことばを通して心配しなくても良い、と仰って下さいます。
食べ物や着物、または住む所などは私たちが心配しているものの中で最も基本的なことだということが出来ます。しかし、イエスさまは25節で食べ物より大切なもの、着物より大切なものについて語って下さいます。命は食べ物より大切ですし、私たちの体は着物より大切です。そして私たちの命と体は、神さまが与えてくださったものであり、神さまが造ってくださったものです。私たちの誕生から全ての生涯、そして最後の死まで、その全ては神さまが与えてくださったものであり、導いて下さいます。そのように、私たちに命と体を与えてくださった神さまが、命のための食べ物や体のための着物をも与えてくださらないだろうか、ということです。
そのような神さまの恵みについて、私たちは自然を通して確認することが出来ます。本文の26〜29節を見ますと、イエスさまは空の鳥と野の百合についてお話下さいます。鳥は種蒔きも刈り入れも、そして蔵に収めることもしませんが、よく飛びまわって神さまが備えてくださった食べ物を見つけます。神さまは自然を通して鳥のために、食べ物を備えてくださり、そのようにして鳥の命を守って下さいます。また、野原の百合も同じです。百合には水と栄養が必要ですが、それは神さまが備えてくださったものであり、神さまは野の百合も育てて下さいます。このように、神さまは空の鳥も野のゆりも守り養って下さるお方であって、鳥や花よりも大切な私たちには、それ以上の助けと守り、導きを与えて下さるのです。
私たちはそのような神さまのことを覚えまして、過去のことを後悔したり、将来のことを心配したりしないようにしたいと思います。今日という新しい日を与えてくださり、その日を守り導いて下さる神さま、祝福して下さる神さま、その神さまが与えて下さる喜びの中で感謝しながら生きて行く者になりたいと思います。

5月23日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「悲しむべきこと」             ルカの福音書23章27〜31節
ピラトはイエスさまの無罪を主張しましたが、ユダヤ人たちの求め通りにイエスさまの十字架形が決まりました。その後、イエスさまは鞭で懲らしめられて処刑所であるゴルゴタの丘へと十字架を背負って歩んで行かれます。その苦しみの道において、身体中の傷と重い十字架のため、イエスさまは何度も倒れられます。結局、ローマの兵士はそこにいたクレネ人シモンに十字架を背負わせました。すでに疲れ果てたイエスさまはふらふらしながらゴルゴタの丘へと歩まれまして、そのようなイエスさまの周りには多くの人々が集まり、イエスさまの後についていました。
そしてその大勢の人々の中には「イエスのことを嘆き悲しむ女たちの群れ」がいました。イエスさまが捕まえられた後、イエスさまのみがたは一人もいないようでした。多くのユダヤ人たちは、イエスさまを罵りあざけまして十字架につけろうと叫びました。しかし、その中にも「イエスのことを嘆き悲しむ女たちの群れ」がいたことを著者ルカは記していたのです。
イエスさまはその女性たちのことを「エルサレムの娘たち」(28節)呼んでおられます。ですから、この女性たちはガリラヤからイエスさまについて来た女性たちとは異なり、エルサレムに住んでいた女性たちであると思われます。彼女たちは、イエスという人が十字架に掛かるという話を聞いて街に出て、十字架を背負って歩まれるイエスさまの姿を見たでしょう。血のまみれとなっているイエスさまの姿を見て嘆き悲しんだことだと思います。
その女性たちにイエスさまは、「わたしのことで泣いてはいけない。むしろ自分自身と、自分の子どもたちのことのために泣きなさい。」と仰い、それは『不妊の女、子を産んだことのない胎、飲ませたことのない乳房は、幸いだ』と言う日が来るからでした。これは紀元後70年に起こったエルサレムの滅びのことでありまして、その苦しみのことを予言してくださったことです。これから大変恐ろしい、酷いことがあなたがたに起こるから、自分自身と子供たちのことのために悲しみ嘆きなさい、ということでした。
私たちは何を嘆き悲しむべきでしょうか。それは終わりの時の最後の審判ではないでしょうか。しかし、この時イエス様は私たちを救ってくださるために、苦しみを受けられ十字架につけられ、ご自分の命を捧げて下さいました。そしてその十字架によって、信じる私たちはその恐ろしい最後の審判から救われました。その救いの喜びを覚えまして神さまに感謝し、愛する人々のこの福音を伝える者になりたいと思います。

5月9日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「神と富」             マタイの福音書6章19〜24節
イエスさまは6章の前半で宗教的な行為である善き行い、祈り、断食について教えてくださいました。その宗教的行為において重要なことは「隠れたところで見ておられる」父なる神さまを覚えてということでした。そのように他人の目を意識せず、私たちをご覧になっておられる神さまを覚えて行う時、天の神さまが報いてくださると教えてくださいました。
6章の後半においては、この世を生きていく神の民が、この世と神さまに対してどのような姿勢を取るべきであるのかについて教えてくださいます。その姿勢において重要なことは、本文の24節にあります「あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということは出来ません。」ということです。これはAかBか、どっちらかを選ばなければならない、ということです。一方に仕えていましたら、他方には仕えることができないのです。もし、神さま以外のものに仕えていれば、それはもはや神さまを真実に愛していないことになる、ということです。私たちは神さまをも愛し、この世をも愛しようとします。しかし、24節のイエスさまの教えによりますと、神さまを愛しながら世をも愛することはできないことです。一方を憎んで他方を愛することになるか、一方を重んじて他方を軽んじることになるからです。ですから神さまを主人として仕え、神さまのみを愛しなさい、ということを教えてくださっておられます。
そこで神さまを愛することについて「自分の宝を地上に蓄えるのをやめて、天に蓄えなさい」と語ってくださいます。ここでの宝とは、富やお金だけではなく、この世での名誉や地位、健康や家族など、自分にとって大切なものです。その大切なもの自体が悪いということではなく、それに対する私たちの姿勢がどうなのか、ということです。その宝を神さまより大切にすること、それはその宝に仕えることであり、自分の宝を地上に蓄えることです。しかし、この地上のものは虫とさびで、きず物になります。それがどんなに立派で美しいものであるとしても、この世のものは終わりがあり、人間の心を満たすことはできず空しいものです。
自分の宝を天に蓄えること、それは神さまを主人として仕えることです。この世のものは神さまに仕える手段として使え、神さまの栄光を表すための手段として用いることです。そのためには、私たちは神さまの管理者であり、自分の全ては神様から与えられたものであることを覚えて、神さまのために使えなければなりません。信仰者である私たちは、この世において旅人です。神さまの管理者です。ですので、神さまの御心にしたがって神さまの栄光を表す者として歩んで行きたいと思います。

4月25日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「罪のないお方の裁判」          ルカの福音書 23章13〜25節
本日のみことばは、イエスさまがピラトに裁判を受ける内容です。既にイエスさまは、元大祭司のアンナスと大祭司カヤパ、そしてサンヘドリンの最高法院で神を冒涜したということで死刑に決まりました。しかし、当時ローマ帝国の支配下にあったユダヤは、死刑を決めてもそれを執行する権限は与えられてなかったです。それでサンヘドリンは死刑を決めましても執行することができず、その地方を治めていた総督に訴え出る必要がありました。それで23章1節に書いてありますように「彼らは全員が立ち上がり、イエスをピラトのもとに連れて行った。」のです。
ピラトにイエスさまを連れていた祭司長たちは、三つのことでイエスさまを訴えます。2節の「この人はわが国民を惑わし、カイザルに税金を納めることを禁じ、自分は王キリストだと言っていること」です。最初、サンヘドリンがイエスさまを死刑にした罪は、神性冒涜でした。しかし、これではローマの法によっては死刑にならない、ということからイエスさまの罪をローマ帝国に関するものに変えたのです。ピラとはイエスさまを審問した結果は「この人には何の罪も見つからない」ということでした。そして三度四度イエスさまの無罪を言いますが、それは祭司長たちに受け入れられません。そして集まっていた多くの群衆は、イエスさまは十字架につけ、都に起こった暴動と人殺しの罪で、牢に入っていたバラバを釈放するように叫び続けます。結局、群衆が騒ぎを起こすことを恐れていたピラトは、イエスさまに十字架刑を宣告し、バラバは釈放しました。
これまでのイエスさまに対する裁判の姿を見ますと、そこには正義とはひとかけらもありませんでした。最初、偽りの証言で訴えられ、ピラトには祭司長たちが作り上げた罪によって訴えられます。そしてピラトはイエスさまに罪がないことがわかりましたが、自分の地位を守るためにイエスさまをユダヤ人たちの要求通りにしてしまいました。そして多くの群衆は祭司長たちに惑わされて人殺しのバラバを釈放し、イエスさまは十字架につけるように要求しました。イエスさまへの裁判、それは何回も行われましたが、そこには嘘と偽りだけが横行することで、そんな中でイエスさまの十字架刑は決まったのです。正義はどこにもない、神さまは見えない、ただ人間の妬みと罪深さだけがあったのです。
そのような中でイエスさまはご自分のことを一言も抗弁せず、黙っておられました。正しく行われることは何一つもない、そんな中で黙々とおられ、十字架への道を歩んで行かれます。それは私たちの罪の赦しのためでした。そして正義とは、全く見えない裁判を神さまは用いてくださり、神さまのみこころを成し遂げてくださいます。このような神さまの愛を覚えて神さまだけを見上げて歩んで行く者になりたいと思います。

2月28日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「涙をながす信仰」           マタイの福音書26章69〜75節
本日の本文はペテロについてですが、ペテロは非常に情熱的な性格を持っていると言われています。時にはユニークな面を見せる人物でありまして、その性格のゆえでしょうか、福音書にはペテロに関する内容が結構あります。そしてそのようなペテロの言動ほど特別だったのは、イエスさまに対する思い、または愛だと思います。最後の晩餐の後、イエスさまと弟子たちはオリーブ山に行きます。そこでイエスさまは弟子たちに「あなたがたはみな、今夜、わたしのゆえにつまずきます。」と仰ると、ペテロは「たとい全部の者が あなたのゆえに つまずいても、私は決してつまずきません。」と答えました。ある時は非常に情熱的で、ある時は非常に純粋な姿を見せているペテロだと思います。
そのようなペテロであっても、イエスさまは捕まえられると怖くなることだと思います。すでに他の弟子たちはイエスさまを捨てて逃げてしまいました。しかし、ペテロは「遠くから イエスのあとをつけながら、大祭司の中庭まで入って行き、成り行きを見ようと 役人たちといっしょにすわった」のです(58節)。その時、ペテロに召使いの女が一人近づいてきて「あなたも、ガリラヤ人イエスといっしょにいましたね。」ということでした。その質問に対して「何を言っているのか、私にはわからない。」と否定するペテロ。他の召使いの女がきて「この人はナザレ人イエスといっしょでした。」と話しますと、今度は、誓って「そんな人は知らない。」と否定してしまったのです。しばらくしてから、もう一度「確かに、あなたもあの人たちの仲間だ。ことばのなまりで分かる。」と指摘されますと、ペテロは「そんな人は知らない」と言って、のろいをかけ 誓い始めたのです。
イエスさまが捕まえられる前には「私は決してつまずきません。」と、そして「たとえ、あなたと一緒に 死ななければならない としても、あなたを知らないなどとは 決して申しません。」と話ししていました。しかし、そのことを召使いの女の質問で否定してしまったのです。それも3回も否定し、最後にはのろいをかけ 誓い始めてイエスさまを知らないと否定してしまったのです。その時、鶏の鳴き声が聞こえて来まして、イエスさまの言葉を思い出したペテロは、外に出て行って激しく泣きました。自分の思いや信仰を自分の力で守ることが出来ると思っていたぺテロでしたが、そうではなかったのです。ペテロの涙、それは自分の弱さをしり、そのような自分さえも愛してくださったイエスさまの愛が分かった事だと思います。私たちもこのような涙をながし、自分の弱さを知り、神の愛を覚えて歩んで行く者になりたいと思います。