礼拝メッセージ要旨

3月24日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「戻って来たひとり」             ルカの福音書17章11-19節
本日の本文は、イエス様がエルサレムに向かう途中、ガリラヤとサマリヤの境にある町で10人のツァラアトに冒された人々に出会い、彼らを癒して下さった出来事です。このツァラアトという病は、ユダヤ人においては最も恐ろしがる病気の中で一つでした。病の症状の悲惨さ、その苦しい姿もそうですが、この病は治すことが出来なく死に至る病気であったからです。それと共により大きな理由は、祭司によってツァラアトに冒されたと判明されますと、それ以上村の中で住むことは出来なくなり、家族とも離れて別のところで住まなければならなかったからです。一生涯、大変な病を持って、人々にも近付くことが出来ず、家族とも離れて苦しく生きて行かなければならなかったのです。
イエス様がある村に入りますと、ツァラアトに冒された人々が、遠く離れた所に立って、声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください」と言いました。彼らは自分たちの病によってイエス様に近付くごとは出来ませんでしたが、イエス様に治して頂きたい、という強い願いを持っていたからです。その叫びを聞かれたイエス様は、彼らに「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。」と仰いました。そしてそれを聞いた10人の人々は、イエス様のことばにそのまま従いました。そうしましたら、彼らが祭司に行く途中で、彼らはきよめられました。彼らの病気が綺麗に癒されたのです。
ところが、その癒された10人の中でひとりだけが、「自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来てイエスの足もとにひれ伏して感謝した」のです。10人の中で、自分に与えられた恵みを覚えて、神様の御名を賛美し感謝をささげたのは、ただひとりだけでした。私たちはこの戻って来たひとりのように、神様からの恵みを覚えて、それを感謝しているでしょうか。神様が与えてくださった恵みを覚え、それを喜び、感謝をささげる者になりたいと思います。

3月10日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「ザアカイの回心」              ルカの福音書19章1-10節
本日の本文はザアカイという人がイエス様に出会い、救われたという非常に有名な内容です。そのザアカイについて「収税人のかしらで、金持ちであった」と説明されています。当時、ユダヤはローマ帝国に支配されていて、収税人とはローマ帝国のために働く者でした。また、収税人は自分たちの分として定められている税金より多めに取り立てていまして、ユダヤ人からは嫌われ、罪人扱いされました。
そういうザアカイでしたが、彼はイエスがどんな方か見ようとしたのです。しかし、人々は多く集まっていて背が低かったザアカイはいちじく桑の木の上にのぼりました。ところが、イエス様がちょうどその下を通ろうとする時、イエス様はザアカイの名前を呼んで下さり、彼に「急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから」と仰って下さいました。初めて出会うイエス様が自分のことを知っておられ、自分の家に来られるということはどう考えて見ても不思議なことです。その話しを聞いたザアカイはいちじく桑の木から急いで降りて来て大喜びでイエス様を迎えました。そしてイエス様に自分の財産の半分を貧しい人々のために施し、自分がだまし取って物は四倍にして返しますと話しました。
収税人として生きて来たザアカイにとって、財産というものは最も大切なものでした。しかしイエス様に出会い、そのイエス様より今までは感じたことのない暖かさや親切さ、そして愛によってザアカイの心は満たされた事だと思います。それ故、自分の財産を他の人々のために使い、自分が正しく生きて行くために使うことにしたのです。そのようなザアカイについてイエス様は「きょう、救いがこの家に来ました」と仰って下さいました。そして「失われた人を捜して救うためにきたのです」と話してくださるのです。ですから、イエス様がザアカイにであったことはイエス様がザアカイを捜して下さり、彼を救うためにということでした。そしてその出来事が「きょう」実現されたのです。私たちをも救うために捜して下さった恵みを覚えて感謝し、喜びの中でイエス様の教えに従って生きて行きたいと思います。

3月3日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「レハブアムの選択」              歴代誌第二10章1-11節
本日の本文はイスラエルの歴史において非常に重要な出来事です。それは本文に出て来るレハブアムの選択によって、または彼の行ないによってイスラエルが二つに分かれるからであります。イスラエルの歴史においては大きな分かれ道であり、レハブアムの選択によってイスラエルは北と南に分かれるようになります。そういう選択の前に立っているレハブアムの姿や彼の選択した結果を通して、私たちは神様の御前に立っている私たちの姿を考えて見ることが出来ると思います。
ソロモン王がイスラエルと治めていた姿は息子であるレハブアムに大きな影響を与えたことでしょう。すでに41歳であったレハブアムは、ソロモン王のことを覚えながら、一つの国の王としての自分なりの見解と計画、目標などをもっていたと考えられます。そのような彼に対して、ヤロブアムを先に立たせたイスラエルの民は一つの提案をしました。それは、今まで彼らを苦しめていた「過酷な労働と重いくびきを軽くしてください。そうすれば、私たちはあなたに仕えましょう。」ということでした。それを聞いたレハブアムは、先ずは長老たちに相談をして、その後若者たちに相談をします。その結果、レハブアムはソロモン王のより厳しくしなければならないという若者たちの答えを選択し、それによってイスラエルは北と南に分かれるようになるのです。この時、レハブアムは何故長老たちの答えを選択しなかったことでしょうか。それはレハブアムがもっていた王としての偏見と傲慢さのゆえであると言えます。そしてその偏見と傲慢さというのは、若者たちの答えに良く現れていることでありまして、レハブアムもそのような考え方をもっていたことだと考えられます。
考えて見ますと私たちも、神様の教えとこの世の囁きという選択をしなければなりません。そのような選択の前で、私たちはこの世からの偏見と自分の傲慢さを捨てて、神様の教えに従って歩んで行かなければなりません。その道を喜びながら歩んで行く者になりたいと思います。

2月24日(日)礼拝メッセージ要旨 マイケル・カーター先生

 

「新しい人をきたのです」       コロサイ人への手紙3章1−14節
心の真の変化とは外側の環境から来るものではありません。ただ神様から来るものです。神様は聖霊の力によって私たちの心に触れられ心の内側の変化が起こるのを可能にしてくださいます。これをキリスト教の言葉で「聖化」と言います。この聖化は私たちの全部の性質に影響を与えます。これは一生かかるもので、ただ神への信仰を通してできることです。コロサイ人の手紙のこの箇所はこの聖化への変化と信仰者の新しい生き方についていくつかの重要な点を私たちに教えています。
まずは、心の真の変化は新しい性質からくることを教えています。信仰者になるとき、瞬時に性質の変化が起こります。キリストは私たちの中に今、生きており、私たちの性質は自分の思うように生きていた者から神に従う者へと変えられます。次に、心の真の変化はあなたの偶像を知ることから来ることを教えています。自分の偶像が何であるかを知るとき、それを持って神様のところへ行き、赦しを求め、悔い改め、キリストのために生き、キリストにアイデンティティを持つことです。
最後に、心の真の変化は福音から来ることを教えています。私たちの変化したい、キリストに生きたいという願望は、キリストが私たちにしてくださったことに直接、応えています。自分を気分よくさせるために哀れみや優しさを持つべきではありません。神が一人子であるキリストを私たちの罪を赦すために十字架の死に送られたとき哀れんでくださったので、私たちも哀れみを持つべきなのです。クリスチャン生活は毎日が変化の連続です。聖化はとても大変な道のりですが、今の私たちをそのままほっておかれず、もっと私たちがキリストに似るように成長するのを見たいと思っておられる神様を知っていることで私たちは祝福されているのです。

2月17日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「聖霊に満たされて」              使徒の働き4章5-12節
本日の本文はペテロとヨハネがユダヤの指導者たちより尋問されることから始まります。そこには「民の指導者、長老、学者たち」そして大祭司の一族が集まっていました。ここに集まっていた人々は、当時のユダヤの最高議会であるサンヘドリンのメンバーでした。この出来事の発端は3章からでありまして、3章でペテロとヨハネは神殿の美しい門にいた生まれつきの足のなえた男を癒したことがありました。その話しを聞いた多くの人々はペテロとヨハネのところに集まり、その時ペテロが多くの人々に福音を伝えました。その内容やイエス様の死と復活、そしてそのイエス様がメシヤであるということでした。それを聞いていたユダヤの指導者たちはペテロとヨハネを捕まえ、何故そのようなことをしたのか、尋問をしていたわけです。
ユダヤの指導者たちの前に立たされたペテロとヨハネ、二人は数カ月前のイエス様のことを思い出して彼らを恐れたかもしれません。何故なら、ペテロとヨハネの目の前に立っている人々によってイエス様は十字架につけられ死なれたからです。そしてその時、ペテロとヨハネは勿論、イエス様の弟子たちは逃げてしまいました。イエス様の事も、そしてその時の自分たちの姿も、ペテロとヨハネは良く覚えていたと思います。そういうユダヤの指導者たちを前にしてペテロとヨハネはどのように答えた事でしょうか。それはイエス様が捕まえる時とは全く違うものでした。今日の本文では、ペテロとヨハネはユダヤの指導者たちに、彼らの罪を指摘し、イエス様の死と復活、そしてイエス様はメシヤであることをはっきり語ることが出来ました。
そしてそのようなペテロとヨハネについて本文では「聖霊に満たされて」いたと説明しています。聖霊に満たされていたペテロとヨハネはユダヤの指導者たちを恐れず、大胆に福音を語ることが出来たのです。私たちの人生にも様々な苦難や試練がありますが、しかし聖霊に満たされ導かれて、試練を乗り越えることが出来るように祈り求めたいと思います。

2月10日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「ぶどう園の主人の恵み」           マタイの福音書20章1-16節
本日の本文を通して、私たちは限りない神の愛と深い憐れみを見ることが出来ます。たとえ話の中にはぶどう園の主人が出て来ますが、彼は労務者を雇うために朝早く出て行きます。そして労務者たちと一日一デナリの約束ができると、彼らをぶどう園に行かせました。そして午前9時ごろ、12時ごろ、午後3時ごろ、そして最後に5時ごろにも出て行って労務者たちを雇いぶどう園に行かせました。そして夕方になり、その日の仕事が終わりますと監督を呼んで労務者たちに賃金を払うようにさせますが、ぶどう園に最後に入った労務者から払い始めて、朝早くから働き始めた労務者まで一デナリずつ同じく払いました。朝早く働き始めた労務者たちは一時間しか働いていない労務者たちが一デナリを貰う事を見て自分たちはもっと多く貰えると持っていました。しかし自分たちも同じく一デナリを貰うとぶどう園の主人に文句を言いました。すると、ぶどう園の主人は彼らに「ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。」と答えました。
ぶどう園の主人は5回も出て行き、労務者を雇い、ぶどう園に入るようにしてあげました。その中で最後の午後5時ごろというのは、仕事が終わるまで1時間も残っていなかった時です。そうであるにも関わらず、労務者を雇いぶどう園に送った、それも一時間も働いていない人々にも一デナリをあげたという事を考えて見ますと、ぶどう園の主人は収穫より労務者たちにもっと大きな関心を持っていたことが分かります。そしてそのようなぶどう園の主人のこころは「ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。」という答えからも良く分かることです。雇われず何もしないで市場に立っている人々を憐れんで何回も市場に出て行って、彼らを雇い働かせ賃金を与えた、それがぶどう園のこころでした。そしてそれは神様の私たちに対するみこころでもあるでしょう。私たちを憐れんで下さり、恵みを与える下さる神様を覚えて感謝を持って生きて行きたいと思います。

2月3日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「神の教え通りに」               列王記第二 5章8-16節
アラムの将軍であるナアマンは、王様にも重んじられ尊敬される人物でした。戦争を勝利に導いた勇士でもあって、アラムの多くの人々は彼を尊敬していたと考えられます。しかし、ナアマンはチャラアトという大変な病気を持っていました。神様は、そのようなナアマンを不思議な方法でイスラエルに、そして預言者エリシャにまで導いて下さいました。ナアマンにとってチャラアトは大変な病気でしたが、しかしそれは神様に用いられてナアマンをエリシャにまで来ることが出来るようにしたのです。
神様の不思議な導きによってエリシャのところに着いたナアマンでしたが、ナアマンには、まだアラムの将軍としてのプライドが高かったです。この時のナアマンの姿は大変な病気を持っている病人ではありませんでした。この時のナアマンは「銀十タラントと、金六千シェケルと、晴れ着十着とを持って」いて、さらに馬と戦車を持って来まして、アラムの将軍そのものでした。そのようなナアマンに対してエリシャは出ても来ないで、使いをやって「ヨルダン川へ行って七たびあなたの身を洗いなさい。そうすれば、あなたのからだが元どおりになってきよくなります。」と言うだけでした。それを聞いたナアマンは怒り、そのままアラムに帰ろうとしました。
ところが、その帰路の途中でナアマンの僕たちの話しを聞いてエリシャが話しした通りに従うことにしました。そしてヨルダン川で7回洗った時、ナアマンの病気は治り彼の体はきよくなったのです。それを経験したナアマンはエリシャの話し通りに従った時、神様が自分の病気を癒して下さったということを知り、真の神様を信じるようになったのです。神様はナアマンの病気を通して、彼の体の癒しは勿論、彼の魂までも癒し救ってくださったのです。大変な病気や人生の試練の中で、先ず私たちは神様を覚えたいと思います。そしてその御前にひれ伏して神様の教え通りに従い歩む者になりたいと思います。

1月27日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「金持ちとラザロ」             ルカの福音書16章19-28節
本日の本文は非常に有名な例え話です。教会学校のお話しでも良く聞くことが出来る内容であって、皆様もご存じの内容だと思います。それでも改めて例え話の内容を確認し、私たちに与えられる教えを考えて見たいと思います。
先ず、イエス様は金持ちについてお話しして下さいます。金持ちは「いつも紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。」と書いてあります。紫の衣や細布は非常に高価の服でありまして、いつもそのような服を着ていて、毎日ぜいたくな宴会を開いていたということです。それは、彼は物凄い金持ちであるということが強調されている説明でありまして、この話しを聞いていたユダヤ人たちは、彼は神様から大きな祝福を頂いていると思ったことでしょう。そのような金持ちの家の門の前にラザロという人がいました。ラザロは全身におできがあってとても貧しい人でした。病気のため何も出来ず、門の前に横になっていて「金持ちの食卓から落ちる物で腹を満たしたいと思っている」大変な状態でした。
金持ちとラザロは一つの空間にいましたが、まるで別世界で生きていたのです。ところが二人に同じことが起こりましたが、それは「死」ということでした。そしてその死後の状態は、生きている時とは全く違う物でありました。この世で病気や貧しい生活で大変であったラザロは御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれましたが、金持ちは永遠の苦しみのハデスに落ちたのです。このような結果になったのは何故でしょうか。ラザロはこの世での姿は誰よりも貧しくて悲惨なものでしたが、しかし救いという神様の恵みを頂いていたことでしょう。そして金持ちは毎日何一つ足りないもののないぜいたくな生活をしていましたが、しかし神様の恵みは頂くことは出来なかったのです。結局、金持ちは神様のみことばに聞かず自分勝手な生活していたのです。その反面ラザロは大変な生き方の中でも神様のみことばに耳を傾け、神様だけを見上げ、神様だけに頼ったのです。私たちも大変なことがあっても神様竹の頼り歩む者となりたいと思います。

1月20日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「走る続ける信仰」             ヘブル人への手紙12章1-6節
ヘブル人への手紙は激しい迫害の中にあるクリスチャンに送られた手紙です。大迫害が始まり、その時のクリスチャンは大変な状況に置かれました。それでも迫害が始まった最初の時には、信仰の中で良く耐え忍んだと思います。しかし、迫害の時間が長くなればなるほど、信仰を捨てて教会から離れる人々を多くなったのです。いつ迫害が終わるのか、全く先が見えない状況の中で多くのクリスチャンは信仰を捨てました。そういう時期に、この手紙の著者は、信仰の歩みを競走に比べながら迫害の中にあったクリスチャンを励ましたのです。特に11章では多くの信仰の証人たちを紹介し、彼らが歩んでいたのように「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」と勧めています。
その中で、先ずは重荷とまつわりつく罪を捨てなさい、と勧めています。これは信仰の競走において妨げになるものや倒れるようにするものなどのことです。人其々が持っている弱さや、足りないところがあります。不平不満やつぶやき、又は自己中心的行ない、高慢や偏見など。それらは私たちの疲れるようにするものであり、神様との関係において邪魔になるものです。そういうものを全て捨てなければなりません。二つ目は、忍耐しなければならない、ということです。私たちの信仰の競走は短距離走ではなく、マラソンのように長く競走するものです。ですから、諦めたくなったり、止まりたくなったりする時も、忍耐を持って最善を尽くして前に進んで行かなければなりません。最後に三つ目は、イエス様から目を離さないで走り続けることです。私たちの信仰を始めて下さり、完成させてくださるイエス様に焦点を合わせて走り続けなければなりません。
濃い霧がかかっている海の中でも、灯台の光に向かって進めば無事に港に着く事が出来ます。私たちの信仰の歩みにどんなに大変なことがあるとしてもイエス様を見上げ、忍耐を持って走り続ける者になりたいと思います。

1月13日(日)礼拝メッセージ要旨      青木稔牧師

 

「主の願う道を歩む新年」     ローマ人への手紙12章14節~16節
今日の聖書箇所には、迫害する者たちを呪うのではなく祝福しなさいとあります。それに続いて「喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい」と記されています。自分を迫害する者の祝福を願うことを考えますと、それは難しいことだと思うのです。それに続いて、喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣くという勧めがある訳ですが、それは迫害する者のために祝福を願うことと同じくらいに難しいことだからではないでしょうか。言い換えるならば、喜ぶ者とともに喜ぶこと、泣く者とともに悲しむという、聖書の言葉に従うためには、迫害する者のために祝福を祈るという決心と愛がなければ到底できることではないことを聖書は教えているではないでしょうか。
悲しんでいる人は、その悲しみがあまりにも深い時には、慰められることを拒否するということもあります。そういう人と共に悲しむことは難しい、牧師になりまして、何度も経験したことです。一方で喜んでいる人は、一緒に喜んで下さいと喜びの中に相手を招こうとしますが、私たちの中に、うらやましさがあったりして、これまた素直に応じられないこともあります。それでありながら、自分にとって喜ぶ時に一番必要とするのは、一緒に喜んでくれる人であり、悲しいは、一緒に泣いてくれる人を必要とするのです。そう考えますと、自分はなんと身勝手で、弱く、罪深い者であるかを思い知らされます。どうしたら、そのような罪と弱さから解放されて、神の願う、共に喜び、共に泣くという、生き方ができるのでしょうか。続くローマ人への手紙12章16節にはこうあります。

「互いに一つ心になり、思い上がることなく、むしろ身分の低い人たちと交わりなさい。自分を知恵のある者と考えてはいけません。」

秘訣がここにあります。一つ心になって思いあがることをやめ、自分を知恵ある者とすることを、やめてみることです。言うならば、静まり、神の前にへりくだることです。現代は○○ファーストという言葉に溢れています。国はもとより、個人においてもそうかも知れません。言い換えるならば、相手をひざまずかせることに夢中です。
私たちは神の前に静まり、ひざまずくことなしに、神の祝福を受けることは出来ません。新しい年を迎えましたが、天地万物を造り、私たちに命をあたえておられる神に礼拝を捧げること、それこそが主の願う道です。そこに「喜ぶ者と喜び、泣く者と共に泣く」という生き方が、神の恵みとして、私たちに与えられるのです。