礼拝メッセージ要旨

8月2日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「みことばを聞き入れる」            ゼカリヤ書 7章8〜12節
本日の本文では、神様のみことばに対するイスラエルの民の聞き方が戒められています。子供たちに何かを話しをするとき、子供たちがその話しを聞いているようでありながら、聞いてない時があります。それは大人も同じだと思いますが、何かに夢中になっていたり、考えことをしていたりしますと、他の人の話しは聞こえてきてもそれにちゃんとして答えを返すことができない時があります。私たちの神様のみことばに対する姿はどうでしょうか。
本文の11節に「それなのに、彼らはこれを聞こうともせず、肩を怒らし、耳をふさいで聞き入れなかった。」とありますが、これは「断食」に関する質問からのことでした。7章2節、3節を見ますとベテルから人々が来て「私が長年やってきたように、第五の月にも、断食をして泣かなければならないでしょうか。」という質問をします。この第5の月の断食というのは、南ユダが滅びる時、神殿が破壊された悲しみを覚えるためのものでした。それを70年間、イスラエルの民は守り続けて来たのです。とことが、この時は、バビロン捕囚から解放されてエルサレムに戻ってきていますし、神殿の再建工事も半分以上進んでいる状況でした。そういうことから、「第5の月の断食」をこれからもすべきなのか、という質問だったのです。
そういう質問に対して神様は、7章の5節と6節でその断食は「このわたしのために断食したのか。」と語られ、それは「自分たちのためではなかったか。」と語られました。即ち、その断食はイスラエルの民のためのものであって神様のまめのものではなかったということです。何故なら、イスラエルの民は神様からの教えとみことばを「聞こうともせず、肩を怒らし、耳をふさいで聞き入れなかった。」からです(11節)。そして神様は預言者たちを遣わしてくださり、語ったくださいましたが、イスラエルの民は自分たちの心を金剛石のように固くしてそれを聞き入れなかったのです(12節)。本来彼らが嘆くべきことは、神様のみことばに従わなかった罪、神様のみことばを聞き入れなかった罪なのに、そうしかなったということです。
神様は聖書を通して「神を愛し、隣人を自分自身のように愛しなさい。」と教えて下さいます。そのような神様からの教えに対して私たちはそのように答えているでしょうか。その教えを心から聞き入れて神を愛し、隣人を愛するものとなりたいと思います。

5月31日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「エステルの信仰」              エステル記4章11〜17節
エステル記はバビロン捕囚以降、異邦の地ペルシャに住んでいるユダヤ人の話しです。この時はすでにエルサレムへの帰還が許され、第1回目の帰還があった後です。一部の人々はエルサレムに帰りましたが、まだ多くの人々はペルシャに残っていました。その異邦の地に濃乗っているユダヤ人を神様がどのように守ってくださり、導いてくださるのかをエステル記を通して見ることができます。
このようなエステル記の中で、本日の本文、特に14節のモルデカイの言葉や16節のエステルの答えはとても有名で私たちのよく知っていることだと思います。ところがその前のエステルの答えを見ますと16節とは違う内容でした。本文の11節ですが、その11節ではモルデカイのユダヤ民族のためにアハシュエロス王の前に出ていてあわれみを求めてくれ、という願いに対して自分にはできないと返事をしています。王様に呼ばれてないのに、勝手に王様の前に出て行くことは死刑に処せられることであって、それは誰でも知っていると説明します。それに王妃ではありますが、エステルも30日間も王様に呼ばれてないと、即ち自分から王様の前に出るのはできない、ということでした。
モルデカイもそれは十分知っていたことだと思います。それでもモルデカイは神様が必ず助けてくださり、ユダヤ民族を救ってくださるということを確信していました。14節でのそのようなモルデカイの励ましを聞いたエステルも、その思いが変えられたと思います。そして16節でのように、モルデカイとユダヤ人たちに断食の祈りをお願いし、自分たちの断食して王様の前に出て行くことにします。そしてたとえそれによって自分の命が脅かされることになってもそうする、という確信に満ちた信仰を見せます。私たちもモルデカイの信仰とエステルの信仰を覚え、学びたいと思います。神様が私たちをご自分の民としてくださいました。神様の恵みと愛を知っている者として、福音を宣べ伝える者になりたいと思います。

5月3日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「これを誇りなさい」       エレミヤ書9章23−24節
人は、他の人より優れたことがありましたらそれを誇りたがるところがあると思います。子どもたちの姿を見ていますと、本当に小さなことであってもそれが他の子よりよくやっていると思われるところがありますと自分がこれだけ出来るということを誇ります。それは子どもだけではなく大人になっても同じような思いをすることだと思います。そのような私たちに、神様は本日の本文を通して誇ってはならないことと誇るべきことについて教えて下さいます。
まず誇ってはならないことですが、23節で知恵ある者、力ある者、富ある者はその知恵と力と富を誇るな、と語られます。この知恵と力と富というのは、当時のイスラエルの民が誇っていたことの代表的なことだと思います。そして「誇る」という言葉は、頼る、または信頼するという意味もありまして、知恵や力、富に信頼していたということになります。即ち、イスラエルの民は自分の知恵、自分の力、自分の富を誇り、それらに頼っていたのです。自分たちが大変な状況に置かれた時、この知恵と力と富が自分たちを救ってくれるだろうと思い、これらのことを追い求め、頼るようになったことだと思います。その結果、神様のみことばに聞かない、それを悟ることが出来なくなったことだと思います。神様はエレミヤを通して預言して下さいますが、しかしその預言は聞かないで、自分の知恵を誇り、力と富に頼っていたことだと思います。
神様は、そのようなイスラエルの民に「誇る者は、ただ、これを誇れ。悟りを得て、わたしを知っていることを。」と語られます。ホセア書4章6節に「わたしの民は知識がないので滅ぼされる。」とあります。神様は預言者を通してご自分のことをイスラエルの民に教えて下さいましたが、しかし彼らはみことばを聞いても教えられても神様を知らなかったのです。ですから、神様はイスラエルの民に神様を正しく知り、それを誇り、その神様に頼り信頼しなさい、と語られることです。私たちは何を誇っているでしょうか。神様を知り、その神様を信じていること、そして神様からの恵みだけを誇る者になりたいと思います。

4月26日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「神様の御業―ヨセフ―」               詩篇105篇16〜19節
本日の本文はヨセフについてです。ヨセフは少年の時、お兄さんたちに憎まれてミデヤン人の商人に売られます。その後、エジプトの侍従長ボティファルの奴隷となりますが、それでもヨセフは最善を尽くし誠実に働き、ボティファルより信頼を受けるようになります。そのままヨセフの人生はうまく行くのかと思ったら、今度はボティファルの妻によって濡れ衣を着せられて王様の囚人を監禁する監獄に入れられます。その監獄で2年かをも過ごすようになりますが、そんな中でエジプトの王、パロの夢を解釈することでエジプトの総理大臣となります。そして神様が教えてくださった通りに、7年間の豊作をもって7年間の飢饉を準備します。7年間の飢饉が始まり、ヤコブの家族も食べ物がなくなりましてエジプトにヨセフのお兄さんたちを送りますが、それによってヨセフはお兄さんたちに出会うようになります。やがてはヤコブの家族全員でエジプトに移住するようになります。
以上のヨセフの物語は創世記37章以降に書いてありますが、創世記では時間の流れによってヨセフの人生を紹介しています。一方、本日の本文は同じくヨセフについて話していますが、時間の流れによってではなく、神様の観点から、または信仰の目を持ってみたヨセフの人生について説明しています。ですから、本文も「こうして主はききんを地の上に招き、パンのための棒をことごとく折られた。」と神様の御業の説明から始まっています。そしてヨセフが経験した様々な苦難、人生の苦しみをも「主はひとりの人を彼らにさきがけて送られた。」をも神様のご計画の中で、神様がそのようにしてくださったと説明しています。17節の「主は送られた」ということは、神様がヨセフに特別な使命を与えてくださり、派遣してくださったという意味です。そのように神様はご計画の中で確かな目的を持って、さきがけてヨセフをエジプトに遣わして下さったことでした。
私たちはヨセフの人生をそのような観点から見ているでしょうか。また、私たちの人生をどのような観点から見ているでしょうか。ヨセフの人生、それは苦難の連続にしか見えませんが、しかし神様はそのような過程を通してヨセフを神様に遣わされた者として練ってくださり、ご計画の中でヨセフを用いて下さいました。私たちの人生の中でも様々な苦難がありますが、苦しみの中でも私たちと共にいてくださる神様、ご計画の中で導いて下さる神様を覚えたいと思います。

4月19日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「わたしを愛しますか」          ヨハネの福音書21章15〜19節
今日の本文にはイエス様とペテロの会話が記されています。21章2節を見ますと、ペテロを含めて7名の弟子たちがともにいました。彼らはイエス様が捕らえられた時、イエス様を裏切り捨てて皆逃げてしまいました。また、ペテロは人々から「あなたもイエスの仲間ではないか」と追い聞かれた時「『そんな人は知らない』と言って、のろいをかけて誓い始め(マタイ26:72)」て逃げてしまったのです。弟子たちはイエス様とともに生活しながら教えられ、イエス様が行なわれた奇跡をも見ました。そしてイエス様は弟子たちに十字架の出来事について3回も教えて下さいましたが、弟子たちは皆逃げてしまい、失敗してしまったのです。
しかし、今日の本文を読んでみますと、イエス様は弟子たち責められることではなく、愛を持って弟子たちに話しかけて下さいます。そのようなイエス様のお姿から、失敗を赦して下さり変わらない愛をもって私たちに話しかけて下さるイエス様について学ぶことができると思います。
まず、イエス様はペテロのことを「ヨハネの子シモン」と3回も呼んで下さいます。そしてこの「ペテロ」という名前は、イエス様に初めて出会った時につけてもらった名前でした。それ以降「シモン・ペテロ」という呼び方は良く使われ、21章でもそうでした。しかし、ここでは「ペテロ」という名前ではなく「ヨハネの子シモン」と初めて出会った時の呼び方で呼んで下さっておられます。ペテロという名前、これはイエス様が付けて下さったものです。ですから、ペテロはその名前で呼ばれることによって、イエス様に対する自分の失敗が思い出されたかも知れません。また、ペテロ自身もその名前から自分の失敗を考えずにはいられなかったかも知れません。しかし、イエス様は「ヨハネの子シモン」と呼んで下さる事によって、失敗した弟子として呼んでいるのではなく、イエス様と初めて出会った時の姿を覚えて下さった呼んでおられるのです。このようなイエス様の姿は、ペテロに対する変らない愛を示して下さることであり、その愛をもってペテロを呼んでくださることだと思います。
その後、イエス様はペテロに3回も「あなたは、わたしを愛しますか。」と聞かれます。それは他の何よりもわたしを愛しますかという、イエス様への愛の再確認が問われていると思います。何よりも、誰よりも、あなたはわたしを愛しますか。あなたは真にわたしを愛しますか。とイエス様が聞いておられるのです。失敗を経験して落ち込んでいるペテロでありましたが、イエス様は3回の質問を通して、ペテロ自身がイエス様を愛している事をもう一度確認して下さったのです。そのようなイエス様のお姿を通してペテロはイエス様への愛を覚え、自分の心の中で再確認し、その思いを真心から告白することが出来たと思います。
イエス様は、私たちにも同じように聞いておられます。「あなたは、わたしを愛しますか」そして変らない愛をもって私たち一人一人を呼んでおられます。このようなイエス様の愛の呼びに、「主よ。私があなたを愛することとは、あなたがご存じです。」と答え、その愛の中で歩んで行く者になりたいと思います。

4月12日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「平安があるように」          ヨハネの福音書20章19〜23節
この朝、イエス・キリストの復活を記念として教会に集まり、または各家庭で礼拝を捧げている教会の皆様、イースターおめでとうございます。全国において新型コロナウイルス感染症が拡散しつつあります。その状況は急変していまして、毎日のニュースを聞き、不安になり心配も多くなる時期でもあります。そのような状況に置かれている私たちでありますが、皆さんは信仰者として平安の中で歩んでいるでしょうか。
本日の本文は「その日」すなわちイエス様がよみがえられた日であり、「週の初めの日」と書いてありますが、日曜日のことです。この復活の日に弟子たちはどのようにしていたのかといいますと「弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあった。」ということでした。イエス様を十字架につけて殺してしまったユダヤ人たち、そのユダヤ人たちが今度は自分たちを捕まえるのではないか、と。そのユダヤ人たちに自分たちも殺されることではないか、と恐れて、弟子たちは集まっていたところの戸をしっかりを閉じていたのです。そのような恐れの中にいた弟子たちに現れたイエス様は「平安があなたがたにあるように」と挨拶してくださることでした。これはヘブライ語では「シャローム」であって、ユダヤ人にとっては日常的な挨拶でした。それは、即ち復活されたイエス様は恐れの中にあった弟子たちに現れられていつものように挨拶してくださいました、ということだと思います。いつものような憐れみ深いお姿で愛をもって恐れていた弟子たちに平安の挨拶をしてくださったのです。イエス様が苦しみを受けておられた時、弟子たちはイエス様を裏切り、捨てて逃げてしまいました。ペテロはイエス様を知らないと3回も否定し、その場から逃げてしまいました。そして今は、ユダヤ人たちを恐れ、戸をしっかりと締めて身を隠していたのです。そのような弟子たちでありましたが、イエス様はいつものように「平安があなたがたにあるように」と愛を込めて挨拶してくださり、話しかけてくださったのです。そしてそのようなイエス様を見た弟子たちは「喜んだ」のです。恐れ包まれて不安の中にいた弟子たちでしたが、復活のイエス様に出会い喜ぶようになったのです。
私たちの今の心は如何でしょうか。不安があり、恐れをももっています。これから如何なるだろう、という不安や恐れがあります。そのような私たちに、この朝、イエス様は「平安があなたがたにあるように」と仰ってくださいます。いつも変わらない恵みと愛をもって私たちを守り導いてくださるイエス様を覚えたいと思います。その復活のイエス様の御声を聞き、不安や恐れがあっても喜びと平安の中で歩んでいく者になりたいと思います。

3月22日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「主にかなった者」                 創世記6章5〜12節
本日の本文はノアについてですが、本文を通してノアの生きていた時代とノアの姿を通して私たちに与えてくださる教えについて共の考えてみたいと思います。
まず、ノアの生きていた時代はどのような姿だったでしょうか。ノアの時代について聖書は次ように説明しています。「主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。」そして11節と12節では「地は、神の前に堕落し、地は、暴虐で満ちていた。神が地をご覧になると、実に、それは、堕落していた。すべての肉なるものが、地上でその道を乱していたからである。」と書いてあります。神様への信仰を捨てて偶像を拝み、互いに戦い争い、暴力や偽り、そして色々な不正なことが行われていたと思われます。その姿とは悪が増大し、人の心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾いていて、日常生活になっていた姿だと思われます。その時代についてイエス様は「洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。」とも仰いました(マタイ24:38)。
そのような時代を生きていたノアはどうだったでしょうか。9節に「これはノアの歴史である。ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。」と書いてあります。悪が増大し、人の心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾いていた時代においてもノアは、正しい人であって、全き人であって、ノアは神とともに歩んだのです。神様より洪水のことが知らされ、箱舟を完成するまで長い年月の間、周りからの嘲りや迫害で大変な生活をしたと思います。その中でもノアはいつも神様を共に歩んでのです。そしてそれはノアは主の心にかなっていたからでした。主の前に恵みを得たからだったのです。
今日を生きている私たちも大変な時代を信仰者として生きています。その私たちは主の心にかなった者であり、神様から恵みを頂いている者です。その恵みを覚えて神様のみこころに従って歩む者となりたいと思います。

3月15日(日)礼拝メッセージ要旨

 

「お一人の神様」              マタイの福音書23章1〜12節
本日の本文は律法学者とパリサイ人たちに対するイエス様からの厳しい批判の内容です。特にマタイの福音書23章はイエス様の「わざわいだ」という表現で良く知られている箇所でもあります。13節以降で7回以上出てきますが、イエス様は律法学者とパリサイ人たち、またはユダヤの指導者たちに対して節ごとに、そして段落ごとに「わざわいだ」と語っておられます。勿論、以前からイエス様はパリサイ人たちの偽善などについて批判し、正しい姿について教えてくださいましたが、この23章では彼らの罪について今までとは違って大変厳しく指摘しておられます。
まず、イエス様は「彼らがあなたがたに言うことはみな、行ない、守りなさい。」と仰います。そしてその理由として彼らはモーセの座を占めているからだと説明されます。これはパリサイ人たちがモーセの役割をしているということです。昔、モーセが神様よりみことばを頂き、それをイスラエルの民に伝え教えたように、ということです。そういう役割としてのパリサイ人たちの言うことは行い守るべきだ、ということだと思います。パリサイ人たちにそのような役割を任せてくださったのは神様です。ですから彼らが任された役割を十分に忠実に行うとき、それは守らなければならないことでしょう。
しかし、問題はパリサイ人たちがその役割に十分に、そして正しく行っていなかったことでした。彼らは言うだけは言って自分たちは実行しなかったのです。それでイエス様は「彼らの行ないをまねてはいけません。」と仰い、パリサイ人たちの実際の姿について説明して下さいます。
そして私たちが見上げるべきお方、学ぶべきお方について教えてくださいます。8節〜10節でイエス様はただお一人の教師であられる神様、お一人である父なる神様、お一人である指導者なるキリストについて語られます。聖書を通して私たちが歩むべき道を教えてくださり、その道へと導いてくださる神様、そして計り知れない愛をもって私たちを励ましてくださる父なる神様を覚えて歩んでいく者になりたいと思います。

12月8日(日)礼拝メッセージ要旨

 

マタイの福音書 22章1〜14節              「選ばれた者」
本日の本文は王子の結婚披露宴を催した王のたとえ話です。このたとえ話も1節にありますように、祭司長たちと長老たちにお話ししてくださったことです。そしてそのメッセージは、神様のみことばに従わなくキリストを拒んだイスラエルはその選民としての特権を取り去られて、神の国は新しい神の民に与えられるということです。
たとえ話を見ますと、王様が王子のために結婚の披露宴を催して人々を招きました。ところが招かれた人々が王様から送られた知らせを聞いても披露宴に行こうとしなかったのです。当時は宴会を催する時は、何日か前に招待しておきます。そして宴会の準備ができますとしもべを送って宴会に招きます。ですから、招かれた人々は前から披露宴のことを知っていましたし、最初の招待には参加の返事をしたことだと思います。しかし、拒んだということです。それでも王様はもう一度しもべ達を送ります。ところが、今度はしもべ達を気にもかけず、自分たちの用事に出かけてしまい、ある者はしもべ達を恥をかかせ、殺してしまったのです。王様は怒り、兵隊を送って彼らを滅ぼし、街を焼き払いました。そして王様はしもべ達を大通りに送り、出会った人々を皆招くようにし、宴会場は客でいっぱいになりました。その姿を見るために宴会場に王様が行きますが、その中で婚礼の礼服を着ていない一人がいまして、しもべ達に彼を縛って暗闇の外に追い出すように命じます。
以上のたとえ話から、私たちは父なる神様の恵みと愛を知ることができます。王様はどうしても多くの人々を招いて王子の結婚を祝い、ともに喜びを分かち合いたかったと思います。そのように父なる神様もより多くの人々を御国に招き、ともに喜ぶことを願っておられます。そしてそのように招かれだ人々に必要なものが一つありますが、それは礼服というイエス・キリストを着なければならないということです。私たちのご自分お民として招いてくださり、キリストを着させてくださった神様の恵みと愛に感謝し、それを証しする者になりたいと思います。

12月1日(日)礼拝メッセージ要旨

 

イザヤ書 8章1〜8節                「神に立ち返る」
本日の本文は預言者イザヤを通して神様が南ユダに語ってくださったことです。当時南ユダは、アラムと北イスラエルの連合軍の脅威に「王の心も民の心も、林の木々が風で揺らぐように動揺」しました。そのような南ユダに神様は「恐れてはなりません。」とそして「あなたの神、主から、しるしを求めよ。」と、神様に助けを求め、神様に頼りなさいということを語ってくださいます。ところが、このような神様からのみことばを聞いたアハズ王はそれを拒み、神様にということではなく当時の力強いアッシリアに助けを求めました。それは神様を拒みアッシリアを選んだことであり、神様よりアッシリアをより信頼したことでもあったのです。
そのような南ユダに語ってくださったのが今日の本文のみことばです。神様はイザヤに「マヘル・シャラル・ハシュ・バズのため」と一つの大きな板に普通の文字で書かせます。それは、このことを多くの民が知ることができるように死なさい、ということです。そしてその言葉の意味は「分捕り物は速やかに、戦利品は急速に」ということです。そして神様はイザヤに、男の子が生まれますとその名前を「マヘル・シャラル・ハシュ・バズ」と付けさせます。それは4節に書いてありますように「この子がまだ『お父さん。お母さん』と呼ぶことも知らないうちに、ダマスコの財宝とサマリヤの分捕り物が、アッシリヤの王の前に持ち去られるから」です。すなわち、アッシリアを用いてくださり、アラムと北イスラエルを追い払ってくださる神様のことを覚え、神様に頼りなさいということです。
しかし南ユダは、神様からの預言通りになっても神様を拒み、アッシリアを選びます。そのような南ユダに対して神様は「インマヌエル」の約束を与えてくださり、神様に立ち返ることを語ってくださいます。私たちは何を選び、何に頼っているでしょうか。神様に立ち返り、その教えを喜び、みことばに従って歩む者になりたいと思います。